プロフィール

どんぐりN

Author:どんぐりN
小3、年長、2歳児の3人の子供たち、新米自営業の夫と、中部山岳地帯に生息中。
専業主婦歴約10年。家事、育児、時々アルバイトの毎日です。
自給自足的生活が憧れで、野菜作り、お針仕事、なぜか語学学習と、やりたいことは多々あれど、子供たちに振り回されて、思うようにできないのが現状です。でも、まあ、楽しければそれでいいか?!
バタバタした我が家の日常を、のぞいてみて下さい。

*リンクはご自由にどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

クリック募金

クリックすると、企業があなたに代わって募金をします。

訪問者数

生活クラブ生協

安心・安全食材を共同 購入。加入キャンペーン中です

生活クラブ

さまよえる主婦の日記
3児の母。子育てはおもしろいけど、そろそろ自分の道も見つけたいこの頃です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばちゅ、ばちゅ、ばちゅ…
 1歳の長男、現在、日本語勉強中です。

 よくいる男の子の例に漏れず、自動車関係をこよなく愛す彼が、最近覚えた言葉は「ばちゅ(バス)」それからというもの、バスを見れば「ばちゅ」、絵本を引っ張り出して「ばちゅ」、寝言も「ばちゅ~」、ばちゅ一色です。

 この間は「ばちゅ三段活用」をやっていました。「おっ、ばちゅだ」「ばちゅだった」「ばーちゅー!!」…「ばちゅ百連発」という芸もあって「ばちゅ。ひゃひゃひゃ(注:本人の笑い声)、ばちゅ。ひゃひゃひゃ、ばちゅ…」と、これが本当に百回位続くのです。百連発は、なぜか寝る前に始めるので、たちが悪い。

 うちは上2人が女の子なので、男の子グッズが圧倒的に少ないのですが、その中から「ばちゅ」とか「ぶーぶ」とか、より男らしいものをかぎ分ける彼の執念にびっくりです。男の子、女の子の違いって、おむつ替えの時におしっこが飛ぶとか、飛ばんとか、そんなレベルの問題じゃないんだなと、身をもって体験中です。
スポンサーサイト
お片づけー♪
 今日のお仕事は、ビニールハウス2棟分のしなびたキュウリの片付けです。実に地味な一日でした。

 思えば、10月の稲の脱穀は派手だったなー脱穀機に乾いた稲の束をぶんぶん入れると、機械につけた袋にもみ付きの米がザラザラ…

 農作業は主婦業に似ていると思います。地道な仕事がほとんどで、やりだせばきりなく仕事があるし、まずは体を動かさないと何も終わらないところも。

 来週から、ふじりんごの収穫が始まります。ヤッホー派手な仕事だ♪


 
第150回「生活のお供に。こだわりのお茶」
こだわりのお茶は麦茶です。

 子供たちが飲むので、夏はもちろん、寒くなってからも作ります。自分ではよくわからないのですが、遊びに来る友人、子供の友達に言わせると、うちの麦茶はおいしいらしい。

 理由はパックの麦茶を使わないからだと思います。あれだと、お茶らしい色は簡単に付くけど、香ばしさが出ない。麦の粒のまんまの麦茶をやかんに入れて、沸騰させてから少し煮立てるのが、私のやり方です。

 長女はお茶をほめられるのがうれしいらしく、初めて遊びに来た友達に麦茶を出しては「ねぇ、○○ちゃんちのお茶とどっちがおいしい?」と、無理やり感想を聞きます。

 母ちゃんは、次は別のこと(もっと派手なこと)でほめられたいです。
久々に農作業
 今日は久々に農作業でした。

 午前中はりんごの樹の下に敷いてある、べろーんと長い銀色のマットの撤収。午後は事務仕事。

 いったいどこが農作業なんだ?

 銀色のマットは、りんごの下の部分にも陽が当たるよう、太陽光を反射させるためのものらしいです。ほんとにむやみに長いので、撤収に苦労しました。

 午後の事務は、全国各地から舞い込むりんごの注文を手書きで台帳に付け、発送用の用紙にこれまた手書きで住所を書く、という地味な作業。

 パソコンで管理すれば、簡単だと思うし、人からも勧められているらしいのですが、御年約70歳の果樹園園主は首を縦に振ろうとしません。

 今時、こんな仕事でお金をもらっていいんだろうか、と思いつつ、達筆過ぎて読めないとか、何?送ったらいいか書いてないとか、不思議な注文書の解読に悪戦苦闘しています。

 
銀杏
 ロードレース大会の練習だと、朝早く出かけた夫と長女が、小学校の校庭で銀杏を拾って帰ってきました。(練習はしなかったらしい)

 銀杏がすぐに食べたい夫は、ゴム手袋をはめて、無理やり果肉をはがすという強硬手段に出ました。(本当は土に埋めて、果肉が腐るのを待つらしい)

 まあ、その臭いこと。

 拾った銀杏は468個だそうです。(長女調べ)
 
 「これだけ拾えば、一年分はある」とご満悦の夫ですが、銀杏一年分って?

 ロードレース本番は今週末。先週の練習で長女が「24位だった」というので、学年全体でだと思い、喜んでいたら、クラス内での順位でした。ちなみにクラスの児童数は29人。銀杏なんか拾ってる場合ではない、と、母は思います。
マサトシって?
 このところ、迷惑電話が多いです。
 
 ここ数日、3回かかってきたのが、若いお姉さんからの「マサトシ君、いますかぁ」というやつ。
 
 うちの家族、大きく見積もって親戚一同、見渡しても、マサトシって奴はいないんだけど。

 苗字は間違わずに言ってくるので、何かで調べてるんだろうけど、それにしてもマサトシってのは何だ、マサトシってのは。

 目的がわからないから、ちょっとお話をして知りたい気もするけど、ドツボにはまるのは怖いしで、小心者の私としては不機嫌に「いません!」と答えて電話を切るのが関の山。

 この話を夫にしたら「ナンバーディスプレイにするかぁ」とのこと。うちの電話は今時、高齢者宅にしかないと思われるダイヤル式の電話なので、つまりは電話を替えるということですね。

 この電話、好きなんだけどな。#も*もないから、近所の小児科の自動電話予約もできないけどさ。

 そういえば、うちに遊びに来た長女の友達が、電話を見て「これなあに?」と聞いてきたことがありました。小学生の女の子に「どうやってかけるの?」と聞かれたこともあった。私もたまげたけど、その話を聞いたその子達のお母さんもたまげておりました。

 でも、電子音じゃない電話の音って、結構、いいものですよ。
 

 

 

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。