プロフィール

どんぐりN

Author:どんぐりN
小3、年長、2歳児の3人の子供たち、新米自営業の夫と、中部山岳地帯に生息中。
専業主婦歴約10年。家事、育児、時々アルバイトの毎日です。
自給自足的生活が憧れで、野菜作り、お針仕事、なぜか語学学習と、やりたいことは多々あれど、子供たちに振り回されて、思うようにできないのが現状です。でも、まあ、楽しければそれでいいか?!
バタバタした我が家の日常を、のぞいてみて下さい。

*リンクはご自由にどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

クリック募金

クリックすると、企業があなたに代わって募金をします。

訪問者数

生活クラブ生協

安心・安全食材を共同 購入。加入キャンペーン中です

生活クラブ

さまよえる主婦の日記
3児の母。子育てはおもしろいけど、そろそろ自分の道も見つけたいこの頃です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おむつはずし
2週間もほったらかしのブログちゃんでした。どうしてこうも、日にちの経つのは早いのかと…(言い訳)

夏の旅行後から始めた長男のおむつはずし(トイレトレーニングとも言うが)、昼間の部はほぼ完了です。

先月までは、保育園から帰ってきて夕飯までの数時間に、あっちでジャー、こっちでショーっと水溜りをいくつも作っていましたが、ここのところ、自分で「オチッコー!」と宣言し、トイレに走っていくように…

おむつはずしって、苦手です。普段はボケッとしている割に、子供に関しては短気なワタクシは、おむつはずしの基本姿勢である「あせらず気長に」ができません。長女の時は、3歳近くなってから始めたのですが、おもらしの度にイライラし、怒ってました。「口が早い子は、下が遅い」なんてよく言いますが、長女はまさにその典型。べらべらよくしゃべり、何でもわかっている風なのに、何も言わずにジャーとやるので、「ちょっと、あんた私に嫌がらせをしてるの?!」とまで、思ったものです…今、振り返ると、かわいそうなことをしましたよね~

そんな私も、2人目3人目になれば、おしっこジャーッに対する免疫はできてきるので、長女の時よりは怒る回数ははるかに少なく、そうなると、案外早く取れてしまったりして…まあ、長男の場合は、半分、保育園のおかげなのですが。

それにしても、男の子のおしっこは楽ですね~どこに行ってもピュッと下げてジャーッとして、パッとはいて、はい、おしまい。保育園では、長男のおしっこをする姿を見ていた同じ2歳児の女の子が、立ちションにチャレンジしようとして、先生に止められたとか

Hちゃん、気持ちわかるよ~うちの姉ちゃんたちも「男の子になって、立ちションがしてみたい」って言うもんね。

写真は意外とかわいい男の子パンツ。カエル柄がお気に入り。
s-Img2007-09-21_0003.jpg


スポンサーサイト
産科医、やーい!
先月、地元の総合病院の産科医がいなくなる、という話を書きましたが…
http://acornn.blog82.fc2.com/blog-category-11.html
9月の勉強会後、有志で「安心して安全な出産ができる環境を考える会」という会を立ち上げました。ひょんなことから、私もこのメンバーに入ってしまい、お手伝いをしています。

一昨日は、設立のための総会と勉強会があり、この問題に関心を寄せ、会員となった地域住民の方々約20人が集まりました。

勉強会で意見交換を行い、時間があまりなかったのですが、鋭い質問がいくつか出ました。4月から産科医がいなくなる昭和伊南総合病院の助産師さんが出席されていて、今後について説明してくれましたが、4月からは非常勤の医師が週2日来て、通常の妊婦健診は行えること、でも、重いつわりや切迫流産など、入院が必要な治療については、対応できない、ということです。

週2日って…

勉強会の後、知り合いと少し話をしました。彼女は昭和病院で3人の子供を出産しています。医師が2人いる今だって、妊婦健診は早くて30分待ちなのだそうです。それが来春から週2日になれば、待ち時間が更に長くなるのは間違いありません。そうでなくても、妊娠中は体調が悪いし、上の子たちを連れて来る人も多いでしょうし…かと言って、市内に他に産婦人科医はいないし…

やはり、できるだけ早い時期に産科医に来てもらい、診療を再開してもらいたい、というのが、母親チームの共通した願いです。そうでなければ、話にならない。産科医が1人いれば、院内助産院の開設という道も開けます。

でも主婦レベルで医者をどこかから引っ張ってくるなんて、どうやったらできるのでしょうね?!結局は、希望をできるだけ伝えて、関係機関にお任せするしかないのでしょうが…大体、医者のシステムというのも、よくわからない。昭和病院は近隣市町村の組合立の病院なのですが、人事権は医師を派遣する信州大学が握って?いるそうで…

どこかに、風光明媚な信州に行ってもいいよっていう、流れの?産婦人科のお医者さん、いませんか~???

もしくは、知り合いに医学部の息子さん、娘さんがいたら「産婦人科医になるのじゃ~昭和病院にくるのじゃ~」と洗脳するとか。

書いててバカらしくなってきました。もうやめます。

最後に、11月26日には、出産についての一般向け勉強会を開く予定です。午前10時から、会場は駒ヶ根市駅前、アルパ3階多目的ホールです。お近くの方(いつもここに来てくださる方に、あんまりお近くの方はいないけど)は、ぜひ、いらしてください。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。